NPO現代座Homepage

活動日誌

NPO現代座のスタッフがつづる活動日誌です。
大きな写真は縮小表示になります。原寸でご覧になりたい方は写真をクリックしてください。

TOPページ次ページHOMEページ

緑町ふれあいサロン第5回が行われました
2014/02/27

ふれあいサロンも5回目、毎回顔を出してくださる方は、もうお友達になってきました。そして今回もすぐご近所の方が新しく2人来てくださって、14人の参加者でした。
今回は現代座の今村俶子が、松本の認知症対応のグループホームの仕事の中で始めた、人形を使っての「認知症はこういう病気・怖くなんか無いよ」という人形劇をやりました。
認知症の人形が語る本音と職員の対応の掛け合いは漫才のよう。
皆さん大笑いしながら見てくださいました。
これだけ笑っていれば、ぼけないわ!とまた大笑いしながら、会を終わりました。
今村さん、ありがとうございました。
(木下)

第28回SPレコード雑談会
2014/02/23

2月23日(日)午後2時から、「SPレコード雑談会」の28回目の集まりが行われました。
前回から「約束の水」の主人公の山中三郎老人の人生をたどりながら、その時代の歌を聞いています。
昭和10年代に創られた「満州娘」や「雪の満州里」そして満州在住の日本人の子どものために創られタ「ペチカ」や「まちぼうけ」を聞きながら、その時代を語りました。
「約束の水」公演を見に来て、今回初めて参加してくださったご婦人もいて、楽しい集いでした。
次回は3月30日(日)です。
興味のある方はご参加ください。
(木下)

「約束の水」公演 無事に終わりました
2014/02/17

「約束の水」は2月13日から17日まで、現代座ホールで6回の公演を行いました。
2日目の14日から大雪になり、15日も交通機関が乱れる中での公演になりました。
出演者、スタッフは遠い人は泊まり込み体制で準備し、全ての公演を行いましたが、お客様は、途中までは来たけれどこれ以上は進めないので来られない、という連絡が入ったりして、来られない方が相次ぎました。
特に誰も来なかったらやめようと覚悟して臨んだ14日夜の公演も30人を越える方が降りしきる雪の中来てくださいました。本当にありがとうございました。
16日17日は、前日に来られなかった方が殺到して超満員になり、何とか皆さんに座っていただきましたが、窮屈な思いをさせてしまいました。申し訳ありませんでした。
結局目標のとおり360人の方に観て頂くことができました。
お客様から「今まで観た中で一番良かった」「もっと多くの人に見せたい」と言っていただいて、出演者、スタッフ一同、本当にホッとしました。

今回結局おいでになれなかった方のためにも、再演を考えたいと思っています。

現代座サポーターズの皆さん、そしてご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
(木下美智子)

緑町ふれあいサロン 2回目が行われました
2013/11/28

11月28日(木)午後1時半から、現代座1階で、2回目の「緑町ふれあいサロン」が行われました。

前回に引き続き、緑町第二町会の女性役員の皆さんとご近所のご婦人達が集まってくださいました。

前回はじめて会って、お友達になった人たちが又来てくださったのと、はじめての方も3人来てくださいました。
現代座からも木下と望月千尋、長谷川葉月が参加しました。
今回は長谷川葉月さんが芥川龍之介の「杜子春」を朗読しました。
皆さん、ものすごく集中して聞いてくださいました。
喜んでいただけて、とってもうれしかったです。

「約束の水」公演にむけてサポーターズ結成!
2013/11/27

11月27日(水)夜7時から、現代座の1階で、2月の「約束の水」公演のために宣伝などの手伝いをしようというメンバーが集まりました。
いつも受付等をやってくれている人や、最近現代座を知って応援しようという人や、色々な方が9人集まってくださいました。現代座からは出演者の東志野香と木下。
無理の無い範囲でやれることをやろうと確認し、チラシ等を持っていきました。
みんなで話すと、声をかけるところもいっぱい出てきて、心強いです。
会の名前は「現代座サポーターズ」になりました。

「チラシなら配れるよ」とか「友達を誘ってみよう」という方、どなたでもサポーターズに入って力を貸してください。

よろしくお願いします。
(木下美智子)

TOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board -