NPO現代座Homepage

活動日誌

NPO現代座のスタッフがつづる活動日誌です。
大きな写真は縮小表示になります。原寸でご覧になりたい方は写真をクリックしてください。

TOPページ次ページHOMEページ

うたと語りの会「強くやさしく生きた女性たち」
2012/11/21.23

俳優の取り組み課題として「語り」に取り組もうということではじめた「うたと語りの会」の第1回が11月21日と23日に現代座3F小ホールで行われました。
今までも語ってきたハンセン病療養所で生きてきた2人の女性の人生の語りです。
今回は、はじめて現代座に出演する望月千寛さんとベテランのみきさちこさんの出演です。
小川洋さんがピアノの生演奏をつけてくださって、全く新しい作品になりました。
重いテーマでしたが、最後みんなで歌って終わります。
皆さんとても深く受け止めてくださいました。
この「語りの会」は色々な形でこれからもやっていきたいと思います。
(木下)

「友の呼ぶ声」八雲・熊石地域公演
2012/10/6

7年前に八雲町に合併した旧熊石町での、初めての公演でした。
福祉センターの舞台は使わず、平戸間でのアットホームな劇場にしました。
地域の皆さんの暖かさをいっぱい感じた公演でした。
(木下)

「友の呼ぶ声」八雲町公演
2012/10/5

10月5日の夜は、北海道八雲町の八雲地域の公演でした。何度も公演している町民センターを会場に、「若人の集い」を中心にした若い実行委員が取り組んでくれました。
久し振りのうれしい北海道公演でした。

「遠い空の下の故郷〜ハンセン病療養所に生きて〜」
2012/10/4.5

10月4日と5日は、北海道八雲町の中学生に聞いてもらいました。
4日は八雲中学校、5日は野田生中学校です。
男女共同参画の行事として企画していただきました。
中学生はやわらかい心でしっかりと受け止めてくれました。
(木下)

「遠い空の下の故郷〜ハンセン病療養所に生きて〜
2012/10/3

10月3日、北海道洞爺湖のホテルを会場に曹洞宗北海道第1宗務所の研修会が行われました。
その中で人権研修として語り「遠い空の下の故郷」を呼んでいただきました。
今回は演奏を今村純二さんがアコーディオンでやるという新しい試みでした。
台風でフェリーが欠航、1日早く北海道に入って臨みました。
150人をこえる檀信徒の皆さんがシーンとなって聞いてくださいました。
(木下)

TOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board -